サイトメニュー

コントロールするために

医者

不安定な生活に自分で終止符を打つことで、精神疾患は改善することが可能ですから、いろいろな心が落ち着く方法を試してみるとよいでしょう。その人に合った規則正しいゆったりとした日常が、平和な精神状態をもたらしてくれます。

詳しく見る

ストレスを回避させる方法

女性医師

ストレスを上手に回避させることで、精神を安定させることができます。そのためには心が落ち着く方法を普段の生活の中で取り入れることが必要です。その方法に良いのが日の光を浴びることです。日の光を浴びれば、脳内にセロトニンが分泌されます。

詳しく見る

メンタルケアは大切

医者と看護師

心が落ち着かないと、周囲から疎まれてしまい人生が上手くいきません。逆に安定すれば多くのことが上手くいくでしょう。心が落ち着く方法として深呼吸をしたりする方法等がありますので、実践して日々の生活を向上させましょう。

詳しく見る

一人で悩まないこと

看護師

身近に居る人やモノに頼ることが、最も効果的な心が落ち着く方法です。心身を常にリラックスさせて、過度にストレスを感じないことです。心療内科のカウンセリングも効果的ですし、焦らずに治療を行うことが大切です。

詳しく見る

心が休まる時間

医者

精神科の医師と相談をするだけで心が落ち着く方法が分かり、精神面の乱れが解消される人も多いですから、医師のアドバイスはよく聞いてください。入院治療にかかる費用が高く感じる場合には、高額療養費制度を活用すれば自己負担を減らせます。

詳しく見る

うつ病にも種類があります

看護師

セルフケアも知っておこう

うつ病と一口にいってもその症状は様々です。また従来の「うつ病」とは違った症状をみせる「非定型うつ病」というものがあり、若い女性に増えているといわれています。従来のうつ病は、それまでは楽しめていたことにも興味ややる気が失せ、始終気分が落ちこんだ状態となります。それに対して非定型うつ病は仕事など自分の嫌いなことに対しては気分が落ち込み、身体も動かせないほどになることもありますが、好きなことや楽しいことをしている時には元気になります。また、うつ病は食欲が落ちることが多く眠れない等の症状を訴える方が多いですが、非定型うつ病では食欲が暴走したり過眠になったりする傾向にあります。そのせいか周囲からは「甘え」と思われて理解されにくい病ともいえます。他にもうつ病が自分を責める傾向にあるのに対し、非定型うつ病の場合は周囲の人間の言動に過敏に反応し、急に怒りを爆発させるなど感情の起伏が激しくなるなどの症状の違いが見られます。いずれにしても本人にとってうつはとても苦しいものです。特にパニックなどの状態になっているときは、少しでも心が落ち着く方法をとるべきでしょう。人によって心が落ち着く方法は様々ですので自分が楽になる方法を日頃から見つけていくことも大切です。いずれのうつ病であっても当てはまる症状や自覚症状があれば、精神科や心療内科などを早めに受診することが肝心です。さらに治療と平行しながら自分で心が落ち着く方法を実践すれば、早い回復にも繋がります。うつ病にしても非定型うつ病にしても心の中には「不安感」を感じている方が多いようです。特に夜中など不安が強くなり、いてもたってもいられないような「焦燥感」症状が現れることもあります。そんな状態に陥った時に、心が落ち着く方法を知っておく事は大切です。例えば急に不安になった時はまず「深呼吸」が効果的です。不安な時は呼吸が浅くなっている事が多いため、ゆったり呼吸するだけでもぐっと楽になります。一つの事を考えすぎて苦しい時は30秒間だけ「音だけ」に集中するという方法もあります。人間は常に何かを考えている状態ですから、頭の中の心配事から他の事に注意を向けるだけで気が逸れて楽になります。また、うつになるとどうしても視野が狭くなりがちです。そんな時は自分の状態を俯瞰してみるなど視野を広げてみるように心がけると良いでしょう。すぐには難しいでしょうが、ネガティブな事への一転集中状態から意識的に離れるようトレーニングすることで少しずつ気持に余裕を持てるようになります。

Copyright© 2019 心が落ち着く方法を実践しよう!早い回復にも繋がる All Rights Reserved.